今週の見どころ

2018.12.10 20:00

朝日杯フューチュリティS[GⅠ]

■1人気の馬券圏内率は70%も…

同じ条件で行われた前週の阪神JFは1人気ダノンファンタジーが優勝。勝ちタイムは1分34秒1と、例年並の時計だった。2着にはスタートで後手を踏んだクロノジェネシスと、2頭は後方外から追い込んできた馬。上位4頭までは道中10番手以下で占められており、差し傾向が強かった。

ただ、香港国際競走が行われていた先週の違ってジョッキーが揃っている今週はどうか。同じ傾向が通用するとは限らない。過去10年、すべて18頭のフルゲートで行われていた阪神JFと違い、今年は出走想定で15頭。牝馬のグランアレグリア参戦もあり、混戦のメンバー構成と目されているので注意が必要だ。

その阪神JFは1人気→2人気→4人気の決着となったが、果たして今週の朝日杯フューチュリティSはどうか。以前行われていた中山競馬場から、13年以降は阪神競馬場で行われるようになったため、その点もしっかり踏まえて週末の予想に生かしていきたいところ。早速、過去10年の傾向を見ていこう。


■過去10年の人気別 着別度数

1番人気【4.2.1.3/10】
2番人気【2.1.2.5/10】
3番人気【0.1.2.7/10】
4番人気【1.2.0.7/10】
5番人気【1.1.2.6/10】
6番人気【1.1.0.8/10】
7番人気【1.1.0.8/10】
8番人気以下【0.1.3.90/94】
※一番右はトータルの出走数。

<ワンポイント・メモ>
▼1人気の馬券圏内は70%で信頼度は高め。

 ※14年に阪神開催となってから、4着以下は16年の牝馬ミスエルテのみ。
▼4~7人気までまんべんなく勝ち星がある。期待値が高いのは4人気、5人気。
▼8人気以下での激走は、いずれも重賞で敗れていた馬。



■過去10年の前走ローテーション 着別度数

ベゴニア賞
└【3.0.0.4 / 7】
京王杯2歳S
└【1.4.3.29/37】
東京スポーツ杯2歳S
└【1.2.1.13/17】
サウジアアラビアRC
└【1.1.0. 2/ 4】
きんもくせい特別
└【1.0.1. 1/ 3】
新馬戦
└【1.0.0. 4/ 5】
新潟2歳S
└【1.0.0. 0/ 1】
オキザリス賞
└【1.0.0. 0/ 1】
デイリー杯2歳S
└【0.2.1.16/19】
からまつ賞
└【0.1.0. 1/ 2】
千両賞
└【0.0.2. 3/ 5】
いちょうS
└【0.0.1. 1/ 2】
2歳500万下
└【0.0.1.11/12】
※一番右はトータルの出走数。馬券圏内のあるレースを抜粋。

<ワンポイント・メモ>
▼主要ローテはベゴニア賞、京王杯2歳S、東スポ杯2歳S、サウジアラビアRC。

 ※15年創設のサウジアラビアRCは計3回のサンプルで、昨年は1、2着を独占。
▼きんもくせい特別は3頭が出走して2頭が馬券圏内。
▼馬券圏内数が最も多いのは京王杯2歳S経由。



■過去10年の前走・京王杯2歳Sで1~3着だった出走馬の傾向

17年
1着タワーオブロンドン(1人気)
→2人気3着

2着カシアス
→10人気7着(5人気)
3着アサクサゲンキ
→8人気10着(4人気)

16年
1着モンドキャンノ(3人気)
→7人気2着


15年
1着ボールライトニング(2人気)
→4人気11着

2着アドマイヤモラール(6人気)
→9人気8着
3着シャドウアプローチ(1人気)
→11人気3着


14年
1着セカンドテーブル(11人気)
→11人気14着

12年
1着エーシントップ(5人気)
→2人気8着

2着ラブリーデイ(7人気)
→4人気7着

11年
1着レオアクティブ(5人気)
→8人気3着

2着サドンストーム(9人気)
→5人気6着

10年
1着グランプリボス(7人気)
→5人気1着
2着リアルインパクト(2人気)
→4人気2着


09年
1着エイシンアポロン(3人気)
→2人気2着


08年
1着ゲットフルマークス(14人気)
→9人気16着
2着フィフスペトル(1人気)
→5人気2着


<ワンポイント・メモ>
▼1着馬に限れば9頭が出走して5頭が馬券圏内。

 ※うち2頭は京王杯2歳Sを2ケタ人気で激走していた馬。
▼京王杯2歳Sで3人気以内に支持され、かつ3着以内だった馬は7頭中6頭が馬券圏内。


1人気の馬券圏内率は70%で合格点。圏外となった3頭は16年の牝馬ミスエルテと13年アトム、10年サダムパテックとなっており、牝馬が人気に応えられなかったのは気になるところ。2戦2勝で挑んだミスエルテは新馬戦で阪神芝1600mを経験しており、距離不安はなかったものの激しい気性が災いした。今年、おそらく1人気に推されそうなグランアレグリアも同じく2戦2勝。こちらは前走のサウジアラビアRCで若さを見せており、レースぶりからはやや心許なさを感じてしまう。

冒頭のように13年から阪神開催となった影響はあるものの、ローテーション的にはさほど変化はなさそう。ただ、13年以降を見ると東スポ杯2歳S経由は3着以内ゼロ。今後はかわってサウジアラビアRC経由が主要になってきそうなのだが、今回は「出走馬サンプル数」と「馬券圏内数」が最も多い京王杯2歳Sを掘り下げている。今年は当該レースで2人気1着のファンタジストが出走予定で、傾向から信頼度はかなり高い。牝馬のグランアレグリアに不安があるならば、むしろこちらを上位に取りたいところだ。

人気の一角となる3戦3勝のアドマイヤマーズはデイリー杯2歳S経由。過去10年では1頭も勝ち馬が出ていない、相性の悪いローテといえるだろう。ただ、10頭の勝ち馬のうち出走してきたのは過去に2頭のみ。うち1頭が15年に2着となったエアスピネルなので、単純にこれまで勝負になりそうな馬が朝日杯FSを避けてきたという見方もできる。1人気で主要ローテを制してきたアドマイヤマーズも、ファンタジストと同等の評価と見ていいだろう。

今年は混戦と見て、他ではきんもくせい特別でレコードを2秒も更新してきたマイネルサーパス。新潟2歳Sから直行ローテが気になるものの、新馬戦でアドマイヤマーズにハナ差まで迫ったケイデンスコールに、京王杯2歳S5着のアスターペガサス。前走のアイビーSでは、やや距離が長そうな印象で3着だったエメラルファイトも距離短縮で狙って面白そう。最終的な判断については今週の各予想陣のコラム更新、また土日の予想公開(レース前日の21時頃を予定)をどうぞお楽しみに。


▼関連リンク
⇒[新企画スタート]【重賞まとめてパック+α】詳細はコチラ!
 
▼[100+100pt無料キャンペーン中]申込者限定メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】
└解析データが叩き出す「万券指数ランク」全場公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 
⇒[無料]編集部会議 今週の“狙える馬”を徹底議論 詳細はコチラ!
 
⇒「UMAJIN+Plus(プラス)」LINE@の友だち追加はコチラをタップ
※開催日に使える降級馬、休み明け馬など“馬券になる馬”リストを配信中!
 
▼馬券攻略にピッタリ!編集部コラムはコチラ
⇒雑誌UMAJIN編集長・山田「“穴”ライズ」
⇒記者印◎解読リサーチャー・やなせっち「新聞のミカタ」
⇒調教マイスター・ツカショー「調教めがね」
⇒レースビデオ班「青ランプ」

前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル