2018.12.02

[チャンピオンズC(GI)、ステイヤーズSほか(GII)]プロの視点で徹底分析!重賞レース回顧(12/1、2)

レースビデオ班「青ランプ」が12/1(土)、2(日)の重賞レースを徹底回顧。上位馬の好走理由、1番人気馬の凡走原因をプロの視点で綿密に分析します!

[先行予約受付中!]阪神JF週「各種イベント」詳細はコチラ!

■日曜中京11R・チャンピオンズC(ダ1800m)

ルヴァンスレーヴ(1番人気1着)
スタートを決めて2番手の位置取り。コーナーリングで外からきた先行馬に抜かれるも、内々で虎視眈々と脚を溜めて直線へ。手応えが一頭だけ違ったし、前のスペースが開くと一気にスパート。あとは楽々と後続を突き離して完勝だった。このレースだと例えゴールドドリームが出ていても敵わなかった印象。3歳馬でこのパフォーマンスだから末恐ろしい。ドバイでも好勝負を予感させる久々に出たダート界の超大物だ。

▼ウェスタールンド(8番人気2着)
スタートは五分も下げてポツンと最後方から末脚に賭ける競馬。道中は脚を溜めて勝負どころは迷わず内を狙ってコーナーリングで前との差を一気に詰めて直線へ。勝ち馬の後ろのスペースを上手く突いて、ゴール前で2着に浮上した。ダートでも芝並みの決め手を使える馬。前走はスムーズさを欠いたが、6歳ながらダートキャリア5戦目でこの結果だから、来年が楽しみ。

▼サンライズソア(3番人気3着)
スタートは良かったが、ハナに行く気をみせず、好位からの競馬。道中は促しながらの追走で勝負どころも終始押っつけながらだったが、外からジワジワと伸び、内から2着馬に強襲されるも3着は確保。控えても競馬はできるが、ジリ脚なのでやはりハナを切る競馬がベストの印象。

▼アンジュデジール(9番人気4着)
好スタートからハナを奪う競馬。1000m通過は1分1秒9と平均ペース。直線に向いても手応え十分で勝ち馬にはアッサリ交わされたが、2着争いを演じて見せ場十分の4着だった。先行有利の中京とはいえ、牡馬相手にここまで走れたように力をつけている。

▼ケイティブレイブ(2番人気11着)
互角のスタートから今回も控えて中団からの競馬。道中は馬群の中を追走したが、直線に向くと内にモタれて苦しがり、まったく伸びずに大敗だった。少し距離が忙しい印象もあったが、10キロ増が応えたか。本質的には2000m以上は欲しいタイプ。

■土曜中山11R・ステイヤーズS(芝3600m)

リッジマン(1番人気1着)
スタートを決めて好位を追走。道中はインの5番手でガッチリ折り合う。勝負どころを上がっていく手応えも1頭だけ違ったし、直線は外から抜け出して快勝だった。強敵不在とはいえ、ここなら一枚上の存在だった。今後も3000m以上の重賞では警戒が必要。

▼アドマイヤエイカン(2番人気2着)
互角のスタートから好位につける。2周目3コーナーから仕掛け始めて、直線の入り口では先頭に立ったが、最後は止まり気味で何とか2着を確保した。ハーツ産駒で中山向きとはいえないが、今後は長距離路線の安定勢力になりそう。

▼モンドインテロ(4番人気3着)
スタートで軽く接触。押して好位を追走。勝負どころで手は激しく動いていたが、最後まで渋太く伸びて2着馬を追い詰めたところがゴールだった。強調できる内容ではないが、長距離重賞のダイヤモンドSあたりなら出番はありそう。

▼ヴォージュ(3番人気11着)
道中はスッと2番手へ。スローで淡々としたペースで運べたが、直線に向いて手応えがなくなり、最後はバッタリ止まってしまった。これは距離適性の差だろう。3600mは長過ぎた。

■土曜阪神11R・チャレンジC(芝2000m)

エアウィンザー(2番人気1着)
スタートから押して好位につける。勝負どころから仕掛けて前との差を詰めて、直線でエンジンが掛かると一気に抜け出し、後続に3馬身差をつける完勝だった。自ら動いて勝ったのは価値が高く、来年は大きいところも狙えそうな充実ぶり。

▼マウントゴールド(4番人気2着)
スタートを決め、前とは離れた3番手を追走。前は見た目以上に楽なペースだったし、勝負どころを回る手応えも抜群。直線もジワジワ伸びて2着は安泰の走りだった。ここへきてだいぶ力をつけてきた。GIIIあたりなら勝つチャンスはありそう。

▼ステイフーリッシュ(5番人気3着)
互角のスタートから中団を追走。直線は外から差を詰めて何とか3着を確保した。もう少し積極的な競馬が理想だが、阪神だともうひと押しを欠く印象。京都の重賞ならまたどこかで一発ありそう。

▼レイエンダ(1番人気6着)
スタートで接触。中団からの競馬。3コーナー手前から手は動いていたし、直線の伸びはひと息で着外に敗れた。スタートのアクシデントも応えた印象だし、初の関西遠征も影響したか。ここはキャリアの浅さを露呈した格好で次走改めて期待。

[先行予約受付中!]阪神JF週「各種イベント」詳細はコチラ!
 
★レースビデオ班の視点★
1.毎週全レースをくまなくチェック(年間総計3400R)
2.パトロールビデオなども駆使し、あらゆる視点から不利をあぶり出す。

■不利の代表的な例

【出遅れ】
・発馬と同時に躓き立ち遅れる
・気性の問題でスムーズにゲートを出ない

【コース取り・馬場】
・内有利の馬場で外から追い込んで好走
・内の荒れた馬場の中をしぶとく粘り込む

【展開】
・Sペースで前残りの展開を追い上げる
・Hペースで先行馬総崩れの中を踏みとどまる

【枠順】
・外枠で外々を回されたのが結果に大きく影響
・内枠で終始囲まれて競馬にならず

【適性】
・ダートを使ったが、走りから芝向きのタイプ
・短距離を使ったが、大跳びで長い距離向き
  ▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒山田編集長「穴ライズ」
⇒やなせっち「新聞のミカタ」
ツカショー「調教めがね」

⇒◎○▲解析データ室「+Plus全予想陣の成績公開」
⇒今週の見どころ

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル