2019.03.03

[弥生賞(GII)、チューリップ賞(GII)ほか]プロの視点で徹底分析!重賞レース回顧(3/2、3)

レースビデオ班「青ランプ」が3/2(土)、3(日)の重賞レースを徹底回顧。上位馬の好走理由、1番人気馬の凡走原因をプロの視点で綿密に分析します!

■日曜中山11R・弥生賞(芝2000m)

メイショウテンゲン(8番人気1着)
出脚は鈍かったが、外枠もあり、スムーズに押し上げて中団の位置取り。コーナーを回るときの行きっぷりは抜群で直線は馬場の真ん中を突き抜けた。これまでは気性の幼さばかりが目立ったが、道悪が功を奏してか、真面目に走っていた。良くなるのはもう少し先の印象だったが、キャリアは十分だし、本番もドロドロ馬場になれば出番がありそう。

▼シュヴァルツリーゼ(6番人気2着)
スタートでバランスを崩し、後方からの競馬。3コーナーから仕掛けて前の馬群に取り付いたが、初の右回りで4コーナーではかなり膨れていた。それでも直線で追い出すと大外から伸びて2着まで追い込んだ。中間に順調さを欠く過程、しかもキャリア1戦、大跳びで決して道悪も巧くない印象だったが、ここまで走れたのは相当素質の高い証拠。本番までの上積みは大きそうだし、大仕事をする可能性もありそう。

▼ブレイキングドーン(4番人気3着)
互角のスタートも行く気を見せず、中団からの競馬。道中は先行集団から離れた位置を追走し、3コーナーから仕掛けて直線は外へ。追ってからジリジリと伸びてゴール寸前のところで3着を確保できた。前走は力んで走っていたが、控える競馬で結果を出せたのは収穫。勝ち切るまでの決め手はないが、本番も大崩れはなく走れそうなタイプ。

▼ニシノデイジー(1番人気4着)
五分のスタートから好位へ。ただ、そこまで遅くないペースなのに今回も行きたがっていた。直線は内を突いてカントルとの叩き合いを制したが、内が重い馬場で外から伸びてきた馬には抵抗できなかった。ここ2戦引っ掛かっているのが不安材料。気難しい面が出てきたか。皐月賞はHペースになってピッタリ折り合えば食い込む余地もありそうだが…。

▼ラストドラフト(2番人気7着)
スタートから促してハナを主張。先頭に立ってペースを落とそうとしたが、1000m通過は1分1秒8。重馬場を考慮すれば平均程度。ただ3コーナーから他馬に早めに来られる苦しい展開で直線は内外から来られて力尽きた。まだキャリア2戦だし、今回はかなり厳しい条件だった。素質の高さはデビュー2戦で証明しているので本番が良馬場なら巻き返す余地はありそう。

■土曜阪神11R・チューリップ賞(芝1600m)

ダノンファンタジー(1番人気1着)
好スタートから好位に控える。前半はかなり行きたがっていた。向正面過ぎで落ち着いたが、内枠もあり、直線に向くと前が壁。それでも外に持ち出してから追い出すと、危なげなく抜け出して快勝だった。気性面にやや課題があるものの、立ち回り自在だし、マイルの桜花賞なら当然有力だろう。

▼シゲルピンクダイヤ(4番人気2着)
出遅れて後方からの競馬。道中はジックリと脚を溜める。勝負どころで仕掛けると反応は鈍く、ムチが入ったが、直線で大外へ持ち出すと素晴らしい切れ味を発揮して2着まで追い上げた。昨秋の未勝利勝ち以来のレースで決して恵まれた展開ではなかったところでの好走。反動さえなければ本番もダークホース的な不気味さが漂う。

▼ノーブルスコア(7番人気3着)
五分のスタートから控えて中団で脚を溜める競馬。道中は行きたがるのを抑えながら馬込みで脚を溜め、直線は馬群の中を突く。追ってからしっかり伸びて何とかゴール前で3着を確保した。12キロ減でコンスタントに使っているのでここから大幅な上積みこそないだろうが、堅実なタイプで本番も大崩れはなさそう。

▼シェーングランツ(2番人気5着)
スタートは良かったが、抑えて中団を追走。いざ直線に向いて追い出すと反応ひと息で何とか5着に流れ込んだだけだった。久々にしても案外の内容。余裕残しの仕上げだったとしても本番に向けては不安を残すレースぶりだった。

■土曜中山11R・オーシャンS(芝1200m)

モズスーパーフレア(1番人気1着)
スタートを決めて2ハロン目10秒1のダッシュ力でハナを奪う。前半3ハロン通過は32秒3。かなりのハイラップだったが、直線に向いても手応え十分。坂を上ってからも脚色鈍らず、完勝だった。1分7秒1の時計も速いし、いくら得意の中山とはいえ、これだけの走りが出来れば本番も侮れない。

▼ナックビーナス(2番人気2着)
スタート良く、好位につける。3コーナーから楽な手応えから2番手に上がり、前を追ったが、最後まで捕らえることが出来なかった。スムーズなレースだっただけに勝ち馬には完敗といえる結果。本番も大崩れはないだろうが、年齢を重ねただけに昨年以上の結果を望むのはどうか。

▼ダイメイフジ(7番人気3着)
互角のスタートから馬群の中、中団を追走。勝負どころから仕掛けて差を詰めて直線は内へ。狭い所をこじ開けて伸びてきたが、前2頭が止まらなかった。連闘は得意でコース実績もあっただけに納得の好走ではあるが、前とは離された結果だし、本番を使ってきたとしてもローテから強調しづらい。

▼ペイシャフェリシタ(6番人気4着)
やや出負けで中団を追走。直線は馬群を割って伸びてはきたが、4着までだった。今回は力を出し切っての敗戦。重賞では勝ち切るにはもうひと押し足りないが、上手く捌ければ上位争いする力はある。
 
★レースビデオ班の視点★
1.毎週全レースをくまなくチェック(年間総計3400R)
2.パトロールビデオなども駆使し、あらゆる視点から不利をあぶり出す。

■不利の代表的な例

【出遅れ】
・発馬と同時に躓き立ち遅れる
・気性の問題でスムーズにゲートを出ない

【コース取り・馬場】
・内有利の馬場で外から追い込んで好走
・内の荒れた馬場の中をしぶとく粘り込む

【展開】
・Sペースで前残りの展開を追い上げる
・Hペースで先行馬総崩れの中を踏みとどまる

【枠順】
・外枠で外々を回されたのが結果に大きく影響
・内枠で終始囲まれて競馬にならず

【適性】
・ダートを使ったが、走りから芝向きのタイプ
・短距離を使ったが、大跳びで長い距離向き
  ▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒山田編集長「穴ライズ」
⇒やなせっち「新聞のミカタ」
ツカショー「調教めがね」

⇒◎○▲解析データ室「+Plus全予想陣の成績公開」
⇒今週の見どころ

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル